カテゴリー: 年中行事

よさこい祭りの由来!全国にあるのはなぜ?

高知のよさこい祭りは、日本の有数のお祭りの1つです。

高知のよさこい祭りが、どんな歴史と経過を経て来て、全国各地に「よさこい」が広まって行ったのかを、歴史と由来とを説明して行きます。

よさこい祭りの由来は?

よさこい祭りのはじまりは

本元の高知県の「よさこう祭り」の歴史はと言うと、高知県の商工会議所が中心になって始まったお祭りです。

本家の「よさこい祭り」は、戦後の景気振興策としまして、1954年に第1回となる記念すべきお祭りが開催されたようです。

最初の参加団体はと言うと、現在の約10分の1の21団体でした。

750人の踊り子が、特設の舞台の上で「よさこい鳴子踊り」と言われる独特なスタイルで踊ったのでした。

日本の当時のお祭りは、伝統的な「盆踊りスタイル」の様でした。

最近はロックや演歌とか、サンバやヒップホップのカーニバルの様な物まで、幅広く現在の音楽を取り入れて、多くの若者が参加する、にぎやかなお祭りになってきています。

この「よさこい鳴子踊り」の独特なスタイルが、最近の「両手に鳴子を持って踊る」の元になったようです。

 

よさこい祭りの歴史

1959年にペギー・葉山が歌う「南国土佐を後にしてが大ヒットしたので、その曲で映画も上映されまして「よさこい祭り」が全国に知られていったようです。

1970年に「日本の踊り10選」に選ばれて、その年開催されました大阪の「日本万博博覧会」にて「よさこい鳴子踊り」が披露されたこともありました。

1972年に、フランスのニースで行われたカーニバルに招待を受けたのが、初の海外デビューです。

それからは、日本の伝統の踊りに、「外国のにおい」がするサンバ調のリズムを取り入れた「よさこい鳴子踊り」がだんだんと進化して行って、現在の独特なものになってきたようです。

1989年に、フランスのマルセーユで行われた「ジャパン・ウィーク」において、高知県から踊り子が派遣されまして、「サンバ調のよさこい踊り」が披露されて、「逆輸入」となって、フランスで大喝采を浴びた事になりました。

現在では、毎年の8月4日に開催されます「よさこい祭り」は、約200チームの、約18,000人もの人が参加するようになってます。

最初のわずか21団体で、750人だった頃からすると、こんなに大きく成長しました。

よさこい祭りは全国にあるのはなぜ?

北海道の学生が高知で見て

北海道大学の学生が高知県でよさこい踊りを見て、「北海道にひろめたい」と思い学生仲間を集めて、「YOSAKOIソーラン節」が生まれたようです。

1992年から始まって、毎年6月上旬に「YOSAKOIソーラン祭り」が開催されて、高知のよさこい祭りと北海道のソーラン節が合い交わって、新しいよさこいのスタイルが打ち出すイベントになったのです。

こんなふうに北海道にも広まった「よさこい踊り」は、全国各地に広まっていったようです。

発祥地以外で町のイベントとして成功すると、私もマネしてみようと思われる地域がでてきても不思議はないですよね。

 

全国大会が開かれるようになった

そして、1999年に第1回の「よさこい全国大会」を、高知県で開催されるようにもなりました。

それからは、高知県で全国大会が開催される様になって、今では毎年「よさこい祭り」の最後の日、北海道をはじめとして、日本各地から踊り子たちが、高知県に集まって来て、「よさこい全国大会」が、行われています。

毎年3万人位の人が参加して、全国でも最大規模のお祭りになってます。

海外からも参加する人たちもいて、国際色の豊かなよさこいのパフォーマンスは、見る人を引き付ける、魅力あふれて、とっても楽しいものです。    

 

まとめ

高知県の「よさこい祭り」は、8月9日(木)~12日(日)まで、高知市内の16か所の演武場や競技場において、「よさこい踊り」が披露されます。

チームでの参加する時の条件としては、「よさこい鳴子踊り」のメロディを必ず入れる事や、鳴子を持って踊る事です

曲のアレンジは自由で、ロックとかサンバとか古典の曲などバラエティにとんでいる、よさこい踊りを見て楽しめます。

 

年末の大掃除ができないと運気が下がる?

こんにちは、普段のお掃除貴方はどうしていますか?

毎日こまめにするタイプ?

それとも月に何回かまとめてするタイプですか?

前者の人は綺麗好きなイメージが。

後者の人は計画的に片付けをするイメージがあります。

では、年末の大掃除はどうされていますか、計画的に数日かけてやるタイプ

それとも大晦日に一気に終わらせてしまうタイプですか。

今回はそんな年末の1大行事である大掃除について色々掘り下げた記事をかけたらいいなとおもっています。

年末の大掃除ができないと運気が下がる?

そもそも年末に大掃除する理由

さてまずは何故年末に大掃除をするのかそこからおさらいをしていきましょう。

年末に大掃除をする理由は元々は煤払いといって神社や神聖な場所に神様を迎え入れるための大事にな神事だったそうです。

そう言えば、今でも年末になると、巫女さんや神主さん達が、神社の大掃除をしている姿ニュースやなんかで見ることができます。

あれが元々の大掃除の起源だったんですね。

それが転じで、各家庭でも年を越す前に家を綺麗にして新しい年と神様を迎えようという風習が日本全体に広まったんですね。

 

大掃除しないと運気が落ちる?

さて、人によっては、年末にどんなに忙しくてもこれをしないといい新年を迎えられないとか、家相が落ちて運気が下がるとかいう方もいらっしゃるみたいなんですけど、これってほんとなんですかね?

少なくとも風水とかとは日本の文化である大掃除は関係ないと思うのですが、調べたら根拠がありました。

その根拠は、迎え入れる神様のことです、

年末に迎え入れる神様は神道における八百万の神様の中で歳神という歳末を司る神様で、各家を回って綺麗な家には幸運を汚い家には不運を与える神様として祀られているそうなので、大掃除をしなければ運気が下がるというのは、実は間違っていないのです。

ただし、この歳神という神様は玄関を片付けているかどうかで決めるという説もあるので、最悪玄関を片付けておけばOKという話もあります。

なので掃除の苦手な方はせめて玄関だけでも掃除するといいかもしれませんね。

大掃除は年末じゃなくてもいい?

さて先程述べたように最悪玄関を片付けておけば、歳神が通る時に運気を下げられることはないということですが、でも、そこは、片付けはじめたら玄関だけでなくいろんなところを片付けたくなるのが人の性ですよね。

でも片付け始めると分別する時にやたら時間がかかって結局何も終わらなかったとかよく聞く話です。

まぁそれは大掃除に限った話ではないですが、最近ではそうなることを予見して初めから大掃除自体をするなと言う掃除のプロの方もいらっしゃるみたいです。

大掃除をするなとはどういう事かというと、そんな掃除をまとめてしようとしても、やり慣れてないから何からしていいかわからず結局思っていたほど片付かずに終わりますよ。という警鐘らしいです。

そんな無茶苦茶な掃除をするぐらいなら毎日5~10分位のズボラ掃除をするといいよという話らしいです。

やり方は決まっていて、日によってローテーションをきめてこの日は何をやるとそうすることで、迷わずその日の掃除ができるのだとか。

もし興味があるなら試してみたら、もしかしたら周りからお掃除上手と言われる日が来るかもしれませんよ。

 

最後に

さていかがだったでしょか。

普段から掃除する人も普段は掃除しない人も面白く読んで頂けたならば幸いです。

それでは今日はこの辺で最後までお読みくださいましてありがとうございました。

 

大学生の長期休暇が暇すぎる!やることは?

大学生の夏休みなど長期休暇の期間は中学生や高校生よりも長くなっています。

そのため、人によっては長期休暇にすることがなく、暇を持て余してしまう人も出てきてしまいます。

そのような時にどのようなことをして夏休みなど長期休暇期間の暇をつぶせばいいのかということを紹介していきたいと思います。

大学生の長期休暇の期間が暇すぎる!

大学生の長い長期休暇だからこそできることがあります。

旅にでる!

その一つが旅に出ることです。

これまで行ったことがない場所に行き、見たこともない物を見ることで様々な経験をすることができます。

旅の方法にはいくつか種類があります。

電車やバスなどの公共交通機関を使った旅と自転車や歩きによる旅です。

それぞれの方法にいい点があるので、旅に出る時には自分に合った方法で旅をするのが良いのではないでしょうか。

この時に行き先や時間が決まっている旅行会社のツアーなどを利用しないようにしましょう。

ツアーは便利ですが、旅というよりは旅行になってしまいます。

旅でしか味わうことのできない感覚はたくさんあるので、期間や行き先を決めない自由な旅をしてみるのもお勧めです。

 

留学する

また、旅に少し似ていますが、語学留学をするというのも長期休暇のおすすめの過ごし方の1つとなっています。

留学は、異なる文化に直接触れることが出来る数少ない方法であるとともに日本語以外の言語を習得するために有用な方法でもあります。

旅や語学留学は時間に余裕のある大学生の間にしかなかなか行うことができません。

時間的な意味でも大学生にお勧めできることとなっています。

ですが、旅をするにしても語学留学をするにしてもたくさんのお金が必要になってしまいます。

長期休暇の間にお金をあまりかけないですることが出来ることについても紹介をしていきます。

長期休暇に大学生がお金をかけずにやることは?

読書

大学生で時間はあるけれどお金は使いたくないという人におすすめのことが読書です。

読書は時間をつぶせるだけでなく、いろいろな情報を得るのにも役立ちます。

また、図書館などで本を借りればお金もかかりません。

最近では図書館でも飲食スペースのある場所も増えてきているので、一日中図書館で本を読むこともできます。

資格の勉強をすることもできますし、資格を取ることができれば就職にも役立ちます。

このように読書にはたくさんのメリットがあるので、長期休暇の時間がある時におすすめできることの一つとなっています。

 

トレーニング

また、他にもトレーニングもお金を使わずにできる暇つぶしの1つとなっています。

筋力トレーニングは長期休暇の間に体がだらけるのを抑えるだけでなく、ストレス発散や精神の強化にもつながります。

筋力トレーニングは健康にもいいですし、質の良い睡眠にも影響を与えます。

大学生の長期休暇はだらけてしまいがちで食事のバランスや運動などの健康面でも悪影響を受けてしまうことがあります。

特に一人暮らしをしている人にとってはすることがないというのは生活全体にも影響を与えてしまいます。

なので、時間がある時には何でもいいので何かを始めてみることが重要になってきます。

 

まとめ

今回は大学生の夏休みなど長期休暇期間にだからこそできるおすすめのことをいくつか紹介しました。

特に何も考えずに生活すると、せっかくの中期休暇が長くても無駄に過ごしてしまうことにもなります。

一生の中でも大学生の長期休暇期間ほど長期間を自由に使うことが出来ることはありません。

だからこそ、何か新しい事に挑戦してみることをおすすめします。

最初はなかなか気が進まないかもしれませんが、一つ何かをやってみると考え方も前向きになってきて、どんどん新しいことに挑戦することが出来るようになっていきます。

 

クリスマスに一人で何食べる?何する?

クリスマスの予定が、一人きりである…

一人の時は、みんな何を食べているのだろう?

クリスマスに、一人の時って、何をするといいのでしょう?

そんな寂しい山本はクリスマスに一人で過ごす方法について考えてみました。

 

クリスマスに一人で何食べる?

まずは、

クリスマスに、一人で何をたべる?ってこと。

 

クリスマスには回転寿司!

おすすめは…

  • 回転寿司

回転寿司は、早い、安い、美味いので、素晴らしい!

クリスチャンではないので、洋食を食べる必要はない!

もしかすると、洋食のお店より、空いていて、ゆったり食事ができるかもしれないし、自分の好きなものを、好きなだけ食べられる。

そして、寿司ネタの、トロ、サバ、ウニ、イクラ、は、冬が旬です!

そして、デザートは、帰りにコンビニに寄って、コンビニデザートを買い、家でゆったりデザートを楽しむ。

 

手作り料理!

または、

  • 手作り料理で楽しむ。

ケーキを手作りして、豪華にクリスマスを演出する。

カクテルも手作りなら、一人で飲み放題ができる。

もちろん、メインは、自分の大好物を準備する。

 

なかなか時間もとれないし、準備を自分でするのも面倒であれば…

  • 百貨店地下食品売り場 = デパ地下で、高級食材を買う。

普段買わないような特別なもので、自分にご褒美をあげる。というのは良いように思いました。

われながらグッドアイデアです!

クリスマスに一人で何する?

ボランティア

自分がサンタクロースになったつもりで、チャリティに参加してみる。

小さなことからでもいいので、せっかくのこのタイミングで、あまり

他の人がしていないことをするのも楽しいかもしれません。

現代でしたら、ネットでボランティアの活動も、すぐ探すことができそうですね。

 

漫画三昧

久しぶりに、昔読んでことのある漫画を読み返したり、新作を読んだり、読書に浸るクリスマスも、いいですね。

 

自分磨きの時間

マッサージ、ヘッドスパ、など、特別なクリスマスに、自分をねぎらってみるのもいいかもしれません。

 

迷わず、仕事・バイトを入れる。

なかなかクリスマスを、ゆったりする時間がないという人が、実は多数なのかもしれません。

もう無理はせず、普段どおり過ごすというのも、いいかもしれません。

クリスマスは時給が少し上がったりしますので、年末年始のための資金を、貯められそうですよ。

 

他にはこんなアイデアはどうでしょう

  • 今の自分が、一番欲しいものを買う。そして、クリスマスに合わせて配送してみる。
  • イベント、旅行へ行く。
  • 街から離れた温泉場、クリスマス感のないお寺、神社、歴史的建造物、お魚の美味しい冬の漁港など…クリスマスの雰囲気のないところへ行って、ゆったり過ごす。
  • 一人パーティーする。クリスマスチキン、一人用クリスマスケーキ、普段飲まない高級酒、とっておきのお取り寄せグルメ、など…。コンビニでも、お一人様用のお惣菜、デザートなど多く取り揃えるようになっていますので、一人でも、ちょうどよい量の食事をとることが出来ます。

 

まとめ

ここまで、色々述べてきましたが、いかがでしたしょうか?

一人で過ごすクリスマスに抵抗はなくなってきたのではないでしょうか?

そう、クリスマスに、一人が寂しいは、まちがいです!

一人でいれば、自分のためだけに、時間もお金も使えます。

一番大事なことは、自分が楽しいと思えるクリスマスを送ることです。

一人でクリスマスを過ごすことに対して、変に周りを意識しすぎないことです。

ぜひ、自分だけの特別なクリスマスを送ってみてください!