カテゴリー: 自分成長すること

妊婦は旦那にイライラする!妊娠中に腹立つのを抑える方法

妊婦になると、なぜか旦那にイライラしてしまいます。

これって原因はなんなんでしょうか?

このイライラってできたら抑えたいですよね。

そこで、妊婦がイライラする原因と、妊娠中のイライラを抑える方法をまとめてみました。

妊婦が旦那にイライラする原因

妊婦さんは大変

新たな命を授かってしあわせなマタニティライフの中、旦那さんへの苛立ちが辛いという妊婦さんは少なくありません。

もともと妊婦さんは、

  • 妊娠前半はつわりや体調不良での苛立ち
  • 妊娠後半はお腹が大きくなった肉体的な辛さの中、出産に対する不安

もあります。

普段から抱えている苛立ちが多いのです。

 

ホルモンバランスの乱れも

この苛立ちは、つわりなどの症状と同様に、ホルモンバランスの乱れからくる苛立ちが原因と言われています。

旦那さんが優しくしてくれていても、妊婦さんはそういった沢山の不安や苛立ちを抱えているので、些細なことでも、どうしてもイライラしてしまう、ということがあります。

また、旦那さんは体の変化や妊娠による様々な変化を感じ取るのが難しく、実際にその変化を体感している妊婦さんと温度差ができやすくなります。

妊婦の方からしてみれば、自分は生活が大きく変化してしまったのに、制限なく今までと同じように生活ができる旦那さんを見ていると、どうしてもイライラしてしまうのは仕方がないのかもしれません。

 

しかし、妊婦さんにとっても、お腹の中の赤ちゃんにとっても、妊婦さんがストレスを溜めずにのんびり生活を過ごすことが理想的です。

そこで、次からはイライラしてしまったときの対処法をいくつかご紹介します。

妊娠中のイライラを抑える方法は?

ホルモンバランスの乱れと割り切る

旦那さんにイライラしてしまうときや、ほかにイライラしてしまうことがあっても「今はホルモンの調子が悪いんだ…」と客観視することができれば、気持ちを落ち着かせることができます。

もちろん、イライラしてるときに自分の気持ちを客観視することは難しいことです。

でも仮に旦那さんにイライラしてしまったとき、ホルモンのせいだから仕方がない、と割りきることができれば、旦那さんに対する苛立ちを受け流すことができます。

冷静になることもたまには必要です。

 

気分転換の方法を考えておく

自分にとってどんなことが気分転換になるかは人それぞれです。

また、妊娠中ですと普段より行動が制限されてしまいますので、改めて自分の気分転換の方法を見つけておくと良いかもしれません。

無理のない範囲でリフレッシュすることで、イライラも落ち着いてくるかもしれませんね。

温かいお茶などをのんで、一息ついて体を温めることも、妊婦さんの体には大切なのでおススメです。

 

旦那さんと妊娠、出産の知識を深める

一番の理解者であってほしい旦那さんと、妊娠や出産の情報を共有することで、旦那さんへのイライラは改善するかもしれません。

旦那さんも、奥さんをわざと苛立たせているわけではなく、どうしたらよいかわからないだけなのが大半だと思います。

病院の検診へ一緒に行ったり、自治体や病院が行なっている出産前の学習会など、夫婦で情報を共有することで、旦那さんも奥さんの大変さが、よりわかりやすくなると思います。

学習会では旦那さんが妊婦の疑似体験をする催しが開催されるところもあります。

学習会後に家事を積極的にお手伝いする旦那さんが多いそうなので、是非妊婦の方は学習会への参加をご検討ください。

 

まとめ

10月10日のマタニティライフはあっというまに過ぎていきます。

その中イライラしてしまうのは辛いですが、一時的なものと割り切って、うまく乗り切っていきましょう。

 

温泉で顔を洗うのってあり?マナーは?入浴の仕方。

温泉に入るのは本当に気持ちが良いですよね。

大浴場は手や足を思いっきり伸ばして入って湯船に浸かれます。

そんな大浴場に入りながら湯船で「顔を洗っている人」を見たことはありませんか?

温泉はとても気持ち良いので、ついやってしまう人もいるでしょう。

そこで温泉で顔を洗うことについてまとめてみました。

温泉で顔を洗うのってありなの?

温泉で顔を洗うのはマナー的には?

温泉に入るとつい顔を洗ってしまいったりする人もいるでしょう。

特に温泉で肌に効果があるような事がある場所では、やってしまいたくなります。

ですが、温泉で顔を洗う事はしてはいけません。

 

特に温泉にある大浴場では、他の人と湯船に浸かっていますよね?

自分では「そんなつもりはない」と思っていまいますが、湯船で顔を洗うのを見ると他の人は不快な思いをしている人もいるかもしれないです。

他の人から見るとやはり、温泉で顔を洗うと汚く見られてしまうこともあります。

なので、「洗う」というのはマナー違反なのです。

もちろん「洗う」と言っても「顔をゴシゴシ洗う」と言う事なのですが、大浴場はみんなで共有して入る場所なので「洗う」ことはしない方がいいでしょう。

 

衛生的でもない

また、温泉ではたくさんの人が入っているので、体を洗わないで浸かる人もいます。

やはり衛生面でもよくありません。

温泉で顔を洗う事はしないでおきましょう。

他の人が同じ事をしていたら逆に注意してあげましょう。

温泉の入浴の仕方は?

マナーがある

温泉にはゆっくり浸かりたいものですよね。

脱衣所で入る用意をして、いきなり湯船に入ったりしていませんか?

温泉への入り方は自由ですが、実は温泉での入浴にも、ちゃんと「入浴の仕方」があるのです。

いきなり入浴をする事は周囲の人にも不快な思いをさせてしまいますし、体にも良くありません。

入浴の時はマナーを守りながら入りましょう。

 

水分補給

入浴をすると暑くなって汗をかきますよね。

体の水分がなくなってしまうので、入浴の30分前くらいにコップ1杯の水を飲んでおきましょう。

スポーツドリンクでも大丈夫です。

 

かけ湯

湯船に浸かる前には必ず「かけ湯」をしてからにしましょう。

身体の汚れを落としてから湯船に入るというのは入浴でのマナーです。

かけ湯をしないで湯船に入ることは体にも負担がかかってしまうのです。

急な温度変化で血圧が上がってしまうのです。

血圧上昇を防ぐ為も必ず「かけ湯」をして下さい。

 

入浴のときは

いよいよ入浴です。

水も飲んでかけ湯をしたから大丈夫ではありません。

入浴をする時も順番があるのです。

足浴 → 半身浴 → 全身浴

とこのように入浴していきます。

心臓から遠い部分を慣らしながら、ゆっくり入っていくようにします。

こうする事で体への急な温度変化などの負担が軽減されるのです。

 

タオル

入浴をする時にタオルを持って入浴する人を見たことはありますよね?

タオルを持って入浴する事は大丈夫ですが、浴槽に入れるのはマナー違反になります。

タオルは頭の上に置いておくか、洗い場に置いて入浴をします。

 

このように入浴するにも「入浴の仕方」があるのです。

マナーを守ってゆっくり温泉を楽しみましょう。

 

まとめ

ゆっくり温泉に入って疲れをとると考えている人もたくさんいるでしょう。

その温泉にも入り方やマナーがあります。

たくさんの人が利用する場所なのでちゃんと守りながら入りましょう。

温泉への入浴は自由ですが、多くの人が利用している場所なので、マナーを守って温泉を楽しんで下さい。

ゆっくり浸かって日頃の疲れをとって下さい。

 

断捨離の効果はすごい?効果なしと感じるときは?

皆さんの部屋の中に「自分が本当に必要なもの以外のもの」はありませんか?

必要でないけれども、なんとなく仕舞っているもの、日々忙しくて、不必要だけれども片付けられていないもの、絶対必要がないけど、見て見ぬ振りをしているもの…そんなものたちに、部屋の貴重なスペースを奪われてしまっているのは、少し悔しいですよね。

ここは一念発起して、部屋の断捨離をしてみませんか?

断捨離によって生活の質を向上させることができた、と考えている方はたくさんいらっしゃいます。

こちらでは、断捨離してよかったこと、逆に効果がなかったことをご紹介させて頂き、今断捨離をしようか悩まれている方の参考にして頂ければと思います。

断捨離効果はすごいと感じるとき

自分の持っているものの量が把握できた

例えば、自分の持っている服の枚数、どのくらいかお分かりになりますか?

洋服を買って、家に帰ってみたら似たようなものを持っていたこと、ありませんか。

断捨離によって不要なものを破棄すると、自然とものの量が減りますので、多すぎると気づくことができなかった、自分の持っているものの量が分かります。

また、自分の必要なものが残りますので、自分が適正とするものの量も同時にわかってきます。

特に洋服などは、断捨離してみると、断捨離して自分の服の量がわかった、量が把握できたので、着回しが考えやすくなった、という方が多いです。

 

自分の本当に好きなもの、とっておきたいものがわかった

上記と少し重複してしまいますが、断捨離して残ったもの=自分にとって必要なもの=自分の本当に好きなものだと思います。

自分がどのようなものが好きなのか、必要としているものを再確認することができ、手元に残った「自分が好きなもの」を、大切にしたいという気持ちが自然とできます。

また、次からものを購入するときに、本当に必要か、と自分に問うことができるようになりますので、結果的に無駄使いも減ります。

 

空間ができる

不要なものを処分することで、その分、部屋や収納の中に空間が生まれます。

断捨離の量にもよりますが、空いたスペースの大きさに驚くかもしれません。

空間に空いたスペースができると、ゆとりが生まれるので気分も良くなります。

また、ものが少なくなるとホコリや散らかりが目立つようになるので、自然に掃除をまめにするようになる方が多いそうです。

 

一度でほしいものを取ることができる

ものが少なくなると、自然とどこに何を収納したかがわかるようになります。

普段からものが多い方ですと、多すぎて把握しきれなくなりがちです。

結果的に時間の節約にもつながります。

断捨離の効果なしに感じるとき

ものが無くなりすぎて、逆に欲しいものが増えた

勢いよく断捨離をしすぎてしまうと、空いたスペースにものを置きたくなったり、処分してしまった分、不安になってしまったりします。

ミニマリスト、と呼ばれる方のような、本当に必要なものだけで暮らすことを心がけていらっしゃる方は、本当に部屋の中にものがありません。

しかし、断捨離をし過ぎて部屋の中や生活が不便になってしまっては本末転倒です。

断捨離をするときは、自分の生活にとって必要か、不要か、よく考えながら行いましょう。

ものが無くなり過ぎて、欲しいものが出てきてしまったときも、自分にとって本当に必要としているものであれば、買い足す意味はあります。

断捨離した結果、自分が本当に必要としているものに新たに気づけたのであれば、それは断捨離の効果とも言えます。

 

要らないと思って処分したものが必要になり、二度買うことになってしまった

これは断捨離をされる方がよくやってしまいがちです。

二度買うことになってしまうと、本当に悔しい気持ちになります。効率もよくないですよね。

個人的におすすめなのは、断捨離をする際に、一度「保留のもの置き場」を作ってあげることです。

必要、必要じゃないとものを仕分けしていく際に、その判断に悩んでしまうものがでてくると思います。

私はその悩む時間がもったいないので、一度、今回の断捨離では保留とする箱などを用意して、悩んだものは一度そこに保管します。

次に断捨離をする際に、もう一度その箱を確認し、再度、取捨選択をするように心がけています。

保管した結果、一年間に、着なかったり使う機会がなければ、必要性がなかったと判断して処分しています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

もし断捨離を今後行うことがありましたら、是非、ものを処分する際に「今までありがとう」という気持ちを込めて処分してあげて下さい。とても気持ちがよいですよ。

ただし、断捨離を行うときは、かなり労力や時間を使うので、余裕のあるときに思い切り行うのをおすすめします。